テーブルコーディネーター
いまやま のりこ

私とわんこの簡単スキンケアクリーム

血液型:AB型 / 出身地:神奈川県 / 趣味:スキー

略歴

お庭に咲いていたジャーマンカモミールとカレンデュラのお花。
消毒済みの丁度いい大きさのジャムの空き瓶に入れてホホバオイルで満たし、時々瓶を振りながら約1ヶ月。


肌細胞を活性化するカレンデュラオイルは炎症を抑えて肌を保護・修復し、カモミールオイルは乾燥やお肌の老化防止、抗アレルギー作用や美白などの嬉しい効果が期待できるのです。

この2つのオイルのいいとこどりを狙った花びらのインフューズドオイル(浸出油)。

カレンデュラの花びらのオレンジ色がじんわり移ったところでいよいよ美容オイルが完成!

実績

これで何を作ろうかな~ってぼんやり考えていたら
散歩から帰って足を洗っていた我が家のわんこの肉球が結構乾燥していたことに気付きました。

そういえば以前購入した肉球クリームもなくなってきたし、私の手指も毎日の度重なるアルコール消毒でささくれが出来やすい状態。

…ということで、このオイルは私たちのハンド&肉球クリームのために活用します♪

今回は比較的手に入りやすい未精製の蜜蝋を利用。
まだクリームが比較的溶けやすい季節ではありますが、荒れた肉球や肌になじみやすいように、蜜蝋:オイル=1:4で少々柔らかめに仕上げました。

レシピはこちら

《材料》※写真の分量(犬用・人間用の2個分)

・蜜蝋(未精製)…2g
・ホホバオイル(スイートアーモンドオイル・マカダミアナッツオイルなどでもOK)…8g
・お好きな精油…人間用にのみ使用(10㏄に1滴の割合)



《作り方》

①ビーカーにオイルを入れて湯煎で温める
②蜜蝋を細かく刻んで①に入れ、かき混ぜながら溶かす
③容器に流し込み、トントンと器を軽く落として空気を抜く
④人間用クリームには粗熱が取れたら精油を入れてよく混ぜて完成

人間と代謝機能の違う犬でも使える精油はあるようですが、我が家のわんこは肉球に塗ったクリームをペロペロ舐めるので私は精油を使いません。

今回はトゥルーシー(ホーリーバジル)とラベンダーブルガリアの精油を使用しました。
無香料で作りたい方は精油は不要です。
オイルそのものに植物の恵みがしっかりと浸透しているので精油なしでも十分な効果があります。

私は開花時期に摘んだものをインフューズドオイルにしましたが、ドライハーブなら一年中作れますし、カレンデュラオイルはネットでも簡単に入手できます。


この簡単クリームは材料を揃えたら10分程度で完成するので是非作ってみて下さいね。
固くなりがちな爪の周辺に丁寧に塗り込むことでささくれができにくくなりますよ。

しっとりと潤った手指でわんこの肉球もすべすべにしてあげましょう♪

私とわんこの簡単スキンケアクリーム