テーブルコーディネーター
いまやま のりこ

玄関わきに植えた思い出の木

血液型:AB型 / 出身地:神奈川県 / 趣味:スキー

略歴

昨年までは夏のおもてなし時に
我が家の玄関を明るくしてくれてた、白色さるすべりの木。

今年も満開になり、スティホーム中の私達の心を癒してくれています。

玄関ポーチの目立つところにさるすべりの木を植えたのには、理由があります。

12年間住んでいたテキサス州のダラスではさるすべりの街路樹が至るところにありました。

夏の季節には、そのさるすべりの木が満開でそれは、それは美しく、暑さでカッラカラに乾いているダラスの大地に潤いをもたらせてくれてたのです。

時には夏の一時帰国で日本に戻る私達に空港までの道のりを明るくして送り出してくれて、そしてその1ケ月後に戻っても、依然同じ輝きで出迎えてくれました。

あの街路樹を通る度に『お帰りなさい』と言ってくれてるようで、嬉しかったなぁ。
夏の三か月間、見事に咲き続けてましたよ。

実績

そんな思い出の街路樹を振り返りたくて、日本の住まいでもお庭の木として迷わず選びました。

それも一番目立つ玄関の入り口に^^
お花が咲くと、懐かしい日々を思い出し、特別な気持ちになるのです。

ダラスのさるすべりの街路樹は赤色が中心だったので、我が家の色選びには迷いました。

目立つ玄関先。
玄関ポーチに飾るお花のテーマ色を私は変えることが多く、今夏みたいなピンク系には赤がマッチするけど、青色や紫色の時にはあわないなと思い、無難な白色のさるすべりに決めました。
近所では白色のさるすべりが珍しいみたいで、通りゆく人から声をかけられるのも楽しみの一つになっています。

昨年は満開と同時に、あの大型台風が千葉を襲って全部散っちゃったんですよね(-_-
今年は最後までもってほしいなと期待しています♪

玄関わきに植えた思い出の木