テーブルコーディネーター
いまやま のりこ

日陰のお庭を活かすハーブガーデン

血液型:AB型 / 出身地:神奈川県 / 趣味:スキー

略歴

自然と繋がり植物の癒しを届けるセラピスト
ティコです(^^)


今日もなかなか暑い日ですね~

庭に出ても無意識に日陰を探してしまいます

日陰と言えば我が家では今、シェードガーデンが活躍中!

シェードガーデンとはざっくり言うと『日陰のお庭』のこと。

皆さんのお家にもどうしても陽当たりの悪いエリアってありませんか?

我が《ずぼらガーデン》の北側エリアも日照時間が短めな

いわゆる『日陰のお庭』

クリスマスローズや比較的丈夫そうなローズマリーやラベンダー、ヘデラなどを植えています

我が家では肥料も水やりもなしでローズマリーもラベンダーも毎年元気に育っています

昨年あたりからどくだみも仲間入り♪


そして今、この狭く日当たりの悪いスペースでサンサンと陽の目を見ている植物があるのです!!

それは、

みょうが!!

実績

ジャパニーズハーブの一種、茗荷です!

ただ今、収穫期を迎えております♪

しかも茗荷は湿気があって暗いところが好き♪
まさにシェードガーデンにピッタリですよね!


茗荷との出会いは忘れもしない小学三年生、

初めての新潟旅行

これまた初めて食べた赤出汁のお味噌汁(これも衝撃だった)に薄切りで浮かぶ謎の具

独特な香りとシャキシャキ感にたちまちファンになりました♡


それからというものの、
冷や奴に乗せる具材として
天ぷらとして
うっすらとピンク色に染まる甘酢漬けも

私にとっては生姜や大葉より
なんだか貴重なモノに映るのです



そんなイチ押し茗荷ですが、
ほぼ・・・というよりまったく放置状態で収穫できます!

しかも茗荷は湿気があって暗いところが好き♪
まさにシェードガーデンにピッタリですよね!

※ローズマリーにまみれてワサワサしている手前の葉が茗荷です


「茗荷は植えてから2年目以降から収穫できるわよ~」
と近所の方が教えて下さったのですが、
私は植えた後 すっかり忘れて放置していたため、
収穫されなかった茗荷が成長し、地下茎でどんどん増殖!

正確に言うと、
いつ収穫するかも
どうやって実がなるのかも知らなかっただけなんですが・・・



こんな感じのシェードガーデンの根元を探していくと
葉陰に咲いたクリーム色のお花の根元に埋まっています

早速天ぷらと甘酢漬けで頂きました

あと刻んで薬味にも♡
新鮮だとより一層香りが立ちます♡

シェードガーデンは
陽当たりの良いお庭に比べると
とても地味で目立たない存在

でも、こんな風に空いたスペースで
しかもノーメンテナンスで野菜が作れたらかなり嬉しいですよね!


その昔、ヨーロッパ貴族は
自宅の敷地内で野菜が収穫できることが
豊かさの象徴だったとか

だとすると、これってまさに貴族的生活!?

シェードガーデンに薬味を収穫に行くのって
かなり【しあわせおうち生活】なんじゃないかな♡

日陰のお庭を活かすハーブガーデン