Loading...

- 土岐総一郎スピリチュアルプロデュース -

本物のスピリチュアルカウンセリング

土岐総一郎の世界

本物のスピリチュアルカウンセリングスピリチュアルカウンセリングとはカウンセリングが波動になるので相談者のほうで、スピリチュアルカウンセラーは話を聴く役回りになります。占いに行く人は「相談事を占ってもらい結果を受け取る」ために行き、占い師は「結果を正確に伝える」ということをしています。一方、カウンセリングに行く人は「上昇して、自分の心や行動指針を整理する」ために行き、スピリチュアルカウンセラーは「その人が自分で答えを出しやすいよう導く」ということをしています。そして、そのカウンセリングのなかに一つの「チャネリング」としてスピリチュアルな能力(アセンション見えない世界をバシャール見たり感じたりできる能力)を使っているということです。 一言でいえば、見えない世界の原理原則を伝え、もうひとつの次元上昇 2021の側面を見る方法を伝え相談者にとっての正解を導く人 と言えます。土岐総一郎の世界

本物のスピリチュアルカウンセラーとは

土岐総一郎の世界

早稲田大学を卒業し宇宙神秘の研究に目覚めた土岐総一郎氏は、現在全国に派生する「ネオスピ」という新しい概念を伝えている。

それは全ての人がすでに理解している神と呼ばれるもののバリエーション定義である。あらゆる宗教やスピリチュアルの概念はユニークな存在として現在も数々、名を連ねるが、これは全て等しい光であることもすでに理解した新しい時代に突入したのだ。

この新たなスピリチュアルバラエティーこそが、あらゆる表現の中で必要な役目を果たしている。

愛と平和は、対立ではなく沢山の河川から海につながるようにやがて1つになるとてもシンプルな万物の原理原則をベースとし、すべての人間・スピリチュアルエヴァンジェリストに共通した定義が求められている。

それを我々は「ネオスピ」と呼ぶ。

土岐総一郎の世界
スピリチュアルで起業(開業)失敗の原因や気をつけるべきポイント | TOKIPRO

スピリチュアルで起業(開業)失敗の原因や気をつけるべきポイント

こんにちは、かほるです。

昨今のスピリチュアルブームに伴い、起業したいとお考えの方も増えてきています。

この記事ではスピリチュアルで起業・開業する際に気をつけておくべき3つのポイントや、失敗してしまう原因、また高額コンサルの実態などについてご紹介していきます。

スピリチュアルで起業(開業)する際の3つのポイント

あなたがこれからスピリチュアルで起業する際には、この3つのポイントに気をつけましょう。

①宣伝や集客方法を学ぶ

スピリチュアルビジネスで失敗する人の多くは起業するにあたり、ビジネスとしてのしっかりとした基盤ができていないことがあげられます。

せっかくスピリチュアル能力があっても、これはもったいないこと。

クライアント(お客様)に商品を購入していただく心理的要因には、アクションを起こす順番(マーケティング分野)が存在します。

SNSの集客方法も多岐にわたります。スピリチュアルに沿った宣伝や集客方法を学ぶことをおすすめします。

②小さく事業を始める

小さく事業を始めて、極限までリスクを低く抑え、試行錯誤(トライアル・アンド・エラー)をしてからのほうが、成功しやすいです。

まずは周りの知り合いを無料で教えてみたり、低価格でモニターを募集したりしますスピリチュアルは、目に見えない商品です。

「どんな効果があるのか?」ということを分かりやすく伝える必要があります。

そのためには、提供側であるカウンセラー自身が「カウンセリングいいですよ!」と言うより実際のクライアントの声がある方が、比較にならないほど説得力がありますし、カウンセラー自身にも経験と自信がついてきます。

こうした積み重ねで、事業の裏付けと確信が持ててきます

③成功者に会いに行く

成功者とは、自己啓発本でいわれる億万長者ではなく「自分と同じような事業で、先行して成功している人」のことを言います。

独立・起業で成功する起業家・フリーランスは、成功者に会いに行きます。

なぜなら、成功している人は、スピリチュアルでの事業成功エッセンスを研究しているからです。なので、その事業成功エッセンスを教授できれば、最短のルートで起業して成功する可能性が高くなるからです。

スピリチュアル起業で失敗する2つの原因

①クライアント(お客様)に伝えることを取り違えている

お客様にはあなたのスピリチュアルな力なら悩みや苦しみを解決してもらえる。

そして、幸せな未来・明るい未来を手に入れることができるという事が伝わらなければなりません。

失敗する方の多くは、クライアント(お客様)に自分のやっていることの内容やスピリチュアルの説明をしているだけということが多いです。

クライアント(お客様)は、何をしてくれるのかを聞きたいのではありません。それによって自分がどう変われるかが知りたいのです。

②価格を低く設定してしまう

多くのクライアント(お客様)を集めようと必要以上に価格を低く設定してしまうということがあります。ビジネスは慈善事業ではありません。

あまりにも設定価格が低すぎると儲けが出ませんから、ビジネスとして続けていくことができなくなります。

設定価格を低くするとクライアント(お客様)は、多く集まるかもしれません。しかし、その対応に追われ、結局自分がダメになってしまうケースがあります。

スピリチュアル起業コンサルや高額講座はどうなの?

スピリチュアル起業は、ビジネスとしてやっていくには営業・広告・集客・資金繰り・事務処理などマーケティング分野もこなせなければなりません。

これらを自分一人だけで勉強しようとすると、何年かかるかわかりません。

どんな人にも、時間は有限であり、かけがえのない宝です。

この「営業・広告・集客・資金繰り・事務処理などマーケティング分野」の時間を、講座などで買うことができます。

自分のかけがえのない「時間」の方が、大切だと考えると、スピリチュアル起業コンサルや高額講座への申込みは、スピリチュアル起業成功への最短ルートではないかと思います。

そして、スピリチュアル起業コンサルやスピリチュアル高額講座を購入するときのポイントは

という表面的なことで選ぶのではなく発信やこれまでの経緯を良く観測し、その方の人柄や考え方が自分と相性が合うかどうかがとても重要だと思います。

まとめ

スピリチュアル起業は、ビジネスであり、営業・広告・集客・資金繰り・事務処理などマーケティング分野も必要になるということ。

クライアント(お客様)に商品を購入していただく心理的要因には、アクションを起こす順番(マーケティング分野)が確実に存在します。

自分のかけがえのない「時間」の方が、大切だと考えると、スピリチュアル起業コンサルや高額講座への申込みは、スピリチュアル起業成功への最短ルートではないかと思います。

Copyright 2021 © TOKIPRO
埼玉県 越谷市スピリチュアルカウンセラー一覧
埼玉県 越谷市
もどる
Copyright © 2021 トキプロ,Inc. All Rights Reserved.

スピリチュアルカウンセラー

土岐総一郎の世界

スピリチュアルカウンセラースピリチュアルカウンセリングとはカウンセリングが主軸になるので相談者のほうで、スピリチュアルカウンセラーは話を聴く役回りになります。占いに行く人は「相談事を占ってもらい結果を受け取る」ために行き、占い師は「結果を正確に伝える」ということをしています。一方、カウンセリングに行く人は「話をして、自分の心や行動指針を整理する」ために行き、スピリチュアルカウンセラーは「その人が自分で答えを出しやすいよう導く」ということをしています。そして、そのカウンセリングのなかに一つの「チャネリング」としてスピリチュアルな能力(見えない世界を見たり感じたりできる能力)を使っているということです。 一言でいえば、見えない世界の原理原則を伝え、もうひとつの物事の側面を見る方法を伝え相談者にとっての正解を導く人 と言えます。土岐総一郎の世界